財団について

理事長挨拶

「機械工業の発展を願って」

私共スズキ財団は、スズキ株式会社の創立60周年の記念事業として、関連企業とともに、基金を寄託して昭和55年3月26日に設立されましたが、平成23年4月1日、新しい公益法人制度に則り、公益財団法人スズキ財団として新たなスタートを切りました。現在は公益法人として従来以上に社会貢献に努力していくことを心がけております。
現在、機械産業は、高度に専門化された資本財を提供する一方、自動車など国民生活に密着した消費財を提供して、わが国の社会の発展に寄与してきました。機械産業の中心である自動車産業、その中でも特に国民生活に密着した軽便な性能を有する軽自動車・オートバイなどの小型自動車産業は、数十年間の辛苦を乗り越えて大きな発展を遂げてまいりました。これは小型自動車に機械、器具、部品などを供給し続けた関連機械工業の存在とその努力、そこで働く技術者の優秀さによるものであります。
今日、自動車産業は、エネルギー、地球温暖化、交通事故などの問題が深刻化する中で、省エネルギー、環境負荷低減、安全技術など時代の期待に応えるべく、更なる飛躍の時期を迎えようとしています。我々は、小型自動車産業においても国民のニーズに対し機敏に対応すべく、さらに一層の努力を続けねばならない必要があると考えております。そのためには関連機械工業のより一層の高度な発展と、優秀な技術者の確保が何よりも大切でありますので、小型自動車に関連した機械工業の技術開発に対する援助・助成と、これらの分野に携わろうと意欲を燃やす若い人々に対する奨励援助を行うため、本財団は、経済産業省ならびに関係方面のご指導とご協力により設立され、活動を続けております。
今後とも皆様方のご指導、ご鞭撻の程お願い申し上げます。
スズキ財団理事長
鈴木 修

財団の概要

名称
公益財団法人 スズキ財団(SUZUKI FOUNDATION)
理事長
鈴木 修(スズキ株式会社 相談役)
総資産
113億7,190万円(令和3年3月現在)
名称
令和2年度 62件
(昭和55年度〜令和2年度 累計1,855件)
助成総額
令和2年度 1億3,744万円
(昭和55年度〜令和2年度 累計22億5,459万円)
事務局
専務理事 安藤 真彦(事務局長兼任)
役員等
理事-9名、監事-2名、評議員-9名
所在地
東京都港区東新橋二丁目2番8号
TEL:03-3431-2255